きものノウハウ《袴》 | 〈奈良・京都〉きもの出張着付け|着楽 きら

奈良・京都
「くずれない、しんどくない」
出張きもの着付け〈着楽〉

menu

Know-How
きものノウハウ

着物には礼装と言われるものから、普段着まで様々な種類があります。素材や、染、織によって、着物の格や、種類が生まれます。大別すると、礼装(正礼装・準礼装)外出着街着家庭着に分かれます。

正礼装(第一礼装)とは、礼装の中で最も格が高く、結婚式や披露宴に参加する新郎新婦と、その両親など「主催する側」がする装いです。未婚女性の振袖は正礼装にあたります。

準礼装とは正礼装に準ずる装い。格式の高い式典やパーティーでは準礼装でも大丈夫。お子様の入学式や、結婚式に招待された場合などに着用する一般的なスタイルです。

女性袴着用シーン 

成人式、卒業式、各種パーティーなど

袴は着物全体ではなく、着物の上から下半身に履く部分のものを指します。一般的に着用されるのは「行灯袴(あんどんばかま)」で、内側に仕切りがなくロングスカートのような形状をしているものです。主に「卒業式」によく選ばれますが、着用シーンとしては「略式礼装」の着物で、ちょっとしたお出かけや式典で着用できます。

「袴」豆知識

袴は、古墳時代の埴輪の衣装に見られるようぷっくりとしたパンツが原型だと言われていて、古事記や日本初期には「袴」という名前の記述が存在し、ルーツはとても古いとされています。
今のような「卒業式の袴」は明治時代の女学生スタイルが元となっているようです。

着付けに必要な持ち物

卒業式などの袴はレンタルショップ等でレンタルされる場合は、ほとんどセットで用意される事が多いですが、ご自身の袴をご準備されるの場合は以下の「着物」「和装小物(補正具や腰紐など)」「装飾小物(バッグ・草履)」の持ち物確認をお願いします。何かご不明点あれば<お問い合せ>くださいませ。

ヘアセットについて

■ヘアセット<スタンダード> +3,000円

をご選択の場合、以下の基本3種(ハーフアップ・夜会巻き・低めシニヨン)からお選びいただけます。

■ヘアセット<アレンジ> +5,000円

をご選択の場合、上記の基本3種のアレンジタイプや、ご希望に応じたスタイルをご相談に応じてお作りします。

よくある質問

<<きものノウハウ《振袖》   >>きものノウハウ《留袖》