きものノウハウ《留袖》 | 〈奈良・京都〉きもの出張着付け|着楽 きら

奈良・京都
「くずれない、しんどくない」
出張きもの着付け〈着楽〉

menu

Know-How
きものノウハウ

着物には礼装と言われるものから、普段着まで様々な種類があります。素材や、染、織によって、着物の格や、種類が生まれます。大別すると、礼装(正礼装・準礼装)外出着街着家庭着に分かれます。

正礼装(第一礼装)とは、礼装の中で最も格が高く、結婚式や披露宴に参加する新郎新婦と、その両親など「主催する側」がする装いです。未婚女性の振袖は正礼装にあたります。

準礼装とは正礼装に準ずる装い。格式の高い式典やパーティーでは準礼装でも大丈夫。お子様の入学式や、結婚式に招待された場合などに着用する一般的なスタイルです。

留袖着用シーン

黒留袖:新郎新婦の親御様としての結婚式、披露宴など

色留袖:兄弟・親族・友人の結婚式、祝賀会、式典など

留袖には「黒留袖」と「色留袖」があり、どちらもお祝いの場で着用する格式高い着物です。地色が黒の留袖を「黒留袖」で既婚女性の第一礼装、地色が黒以外のものを「色留袖」と呼び、未婚、既婚問わず着用できる第一礼装です。模様は、裾模様で、吉祥模様(おめでたい模様)が多く使われます。

「留袖」豆知識

江戸時代、振袖の由来でもあったように「袖を振る」ことが愛情の表現だったこともあり、既婚女性には相応しくないとして、未婚女性の象徴である「振袖」を短くする事で既婚女性の着物として一般的になりました。ちなみに、「袖を切る」の切るはあまり縁起の良い呼び方ではないため「袖を留める」として「留袖」と呼ばれるようになったようです。

着付けに必要な持ち物

ご準備されるの場合は以下の「着物」「和装小物(補正具や腰紐など)」「装飾小物(バッグ・草履)」の持ち物確認をお願いします。足りない物は、着楽でもレンタルいただけます。何かご不明点あれば<お問い合せ>くださいませ。

ヘアセットについて

■ヘアセット<スタンダード> +3,000円

をご選択の場合、以下の基本3種(ハーフアップ・夜会巻き・低めシニヨン)からお選びいただけます。

■ヘアセット<アレンジ> +5,000円

をご選択の場合、上記の基本3種のアレンジタイプや、ご希望に応じたスタイルをご相談に応じてお作りします。

よくある質問

<<きものノウハウ《袴》   きものノウハウ《訪問着・付け下げ・色無地》>>